"寿司 – 楽しむ& 経験" – 合計化

2020年1月12日(日)🔹日(日)午後、ヴィーサ東海と全日本寿司アカデミー、JTBトラベルアカデミーが、日本寿司アカデミー・日本料理で「寿司作り体験」イベントを開催しました。

👉寿司に興味を持ち、日本の料理文化全般に興味を持っている皆様を対象としています。この経験に参加したのは、愛知県で働く外国人と、寿司を体験する機会を初めて持つ日本人でした。

👴日本寿司アカデミーに行き、生徒たちと一緒に寿司ステージに参加し、紹介し、案内します。

🔪、その経験から、人々は寿司を作る技術において日本人によって細心の注意を払い、洗練されていることを示しました。ナイフの使用に関しては、魚の頭を切ったり、骨を取り除いたり、タイの細い魚を寿司に切ったりするのに使われる、お寿司を作る際に使うナイフがたくさんあります。 🔪

寿司や刺身、和食を楽しむ機会を得た人に🍣、日本人が新鮮な魚を使うことが多く、日本人でも違いを認識しないことに気づくことが可能です。しかし、寿司を作ると、魚は右から左にタイです。刺身では、魚は皮の肉とタイの肉から逆方向にスライスされます。 🍣

🍣寿司アートや日本料理文化を聞いた後、あえぎ、たまご、サーモンのように手に入れたり食べたりする寿司を作ることに専念しています,… そして、それらを飾ることを学びます。しかし、手を出すと、硬い一番の寿司を作るのが見えます。寿司の技術は、細心の注意を払って粘り強く実践する必要があります。氏はそれを理解し、寿司は複雑に見えるが、それは本当に難しい作品であることを教えてくれますが、アカデミーの学生は、標準的な寿司を作ることができる4つの新しいコースに合格する必要があります。 🍣

寿司アート、日本食文化、自分の手の経験について3時間ほど聞く🥰、私たち外国人は、私たちが生まれた土地で文化の一部を体験する機会を持つことを非常に尊敬し、興奮しています生きて働く。

❤️ベトナムユースユース協会(ヴィーサ東海)は、来場いただいた方に感謝しており、全日寿司アカデミーは日本の料理文化を体験する貴重な機会を創出しています。

🔥🔥🔥、2020年1月3日(日)に次回開催予定です。時間を手配すれば、皆様に日本の食文化の美しさを体験してくださることを期待する

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です